債務整理をすると財産が没収される?

返済しきれない債務を抱えてしまった人にとって債務整理は正に救いの手とも言える存在です。しかしこれを実際に利用しようとすると、さまざまなポイントが気になるものです。中でも特に多くの人が気にするのが、債務整理によって財産を奪われてしまうのではないかというポイントです。特にマイホームやマイカーといったような財産は生活に深く関わっていますから、それが没収されてしまったのであれば生活もままならなくなってしまうでしょう。

では債務整理をすると財産が没収されるのかというと、これは自己破産という手段を選んだのであれば没収が発生すると考えておく必要があります。自己破産は債務整理の手段の中でも最も効果が大きく、これが成功すれば債務を帳消しにしてもらうことができます。しかしそれと引き換えに債務者が背負うことになる責任は非常に重く、マイホームなど返済に充当できるだけの価値がある財産に関しては没収され、売却にかけられることとなってしまいます。ただしかし、これはあくまでも自己破産に限っての話です。

これ以外の方法、例えば任意整理や民事再生などの手段であれば、そこで財産が没収されるということはありません。銀行預金などの一部財産に関しては没収の対象となることもありますが、少なくとも生活において非常に重要な住宅などを手放す必要が無くなる可能性は非常に高いでしょう。その分債務整理の効果自体は小さくなってしまいますが、必ずしも財産を没収されるとは限らないということは覚えておきましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*