債務整理を利用できなくなる買い物があります

債務整理は浪費などを目的としていない必要な借り入れに関しては認めてもらうことができますが、それが浪費目的のものだったとなると話は変わってきます。特にギャンブルを原因として作ってしまった債務の場合、自己破産でそれを免除してもらうのはかなり難しくなるでしょう。こうしたことは債務整理の基本中の基本とされていますが、しかし債務整理を認めてもらえなくなる借入というのは他にもあるのです。中でも特に見落とされがちなのが、買取屋と呼ばれる業者を利用したことがある場合です。

この買取屋では消費者が店頭に並べた商品をクレジットカードで購入し、それを若干割り引いた金額でその店に買い取ってもらうという商売をしています。これは一見すると意味のないことのようにも見えますが、結果としては「クレジットカードを仲介して現金を得る」ということになります。クレジットカードの現金化というような形で広告がされていることも多いのですが、この業者を利用すると債務整理ができなくなる恐れがあるのです。これは何故かというと、通常のクレジットカードの利用は「商品を後払いで購入する」という形だからです。

しかし買取屋の場合は商品を購入しても即座に売却しており、明らかに通常の使用法とは異なると判断されます。これは詐欺罪にも問われる行為にもなってしまっていますから、債務整理の対象には選べない恐れがあるのです。このことは特に見落としがちなポイントですから、必ず注意しておきましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*