債務整理後に借り入れをすることはできる?

債務整理をするとしばらくの間、新たな借金はできなくなります。これは信用情報に債務整理の事実が記載されている限り、その人は「借りたお金を返済しなかった」として、信用度が低い人だと判断されてしまうからです。貸したお金を返さなかったことがあるという人に対して新たに貸し付けをすると、また返済をしてもらえなくなる恐れがありますから、借り入れは出来ないとされてしまいます。しかしながら、現代社会では様々な場所でお金が必要にもなります。

そのため中には、債務整理をした後であってもお金を借りたいと考える人が少なくありません。では実際に借り入れをすることはできるのかというと、これはかなり困難と言わざるを得ないでしょう。債務整理をしたということはそれだけ重要なことですから、そうした人に対して無条件で融資をしてくれる金融機関というのは普通であればありません。これが闇金であれば積極的に融資をしてもらえますが、闇金という業者が安全に借り入れできるのかと言われればかなり怪しい部分があります。

また「それなら債務整理が完了する前に借りれば良いのではないか」というように考えられることもあるのですが、これは非常に危険なことです。もともと債務が返済できないから整理を始めているのに、そこで新たに借り入れをするとなると、任意整理はまず失敗すると考えるべきでしょう。また自己破産などを考えている場合でも、こうした借り入れは免責不許可事由として減免自体が認められなくなります。こうしたことはしっかり理解しておきましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*