弁護士に遺産相談して解決してまで争うことはいいのか

遺産というのは、非常に家族同士がもめる原因となることが多いのです。親が残した遺産なので、配偶者や子供が引き継ぐのが通常なのでしょうが、そこは家によって異なることがあるので、一概に言い切ることはできません。遺産でもめてしまったら、弁護士に遺産相談をするのが一番良いです。家族同士だと、自分の主張をするばかりで全然進展しないためです。

遺書でもあれば、もめることは少ないのですが、なかなかうまくはいきません。弁護士に遺産相談をすると、法律を使った話し合いとなります。そこで、家族同士が折り合いがつけば、問題はないのですが、それでももめることが多いのです。そうなってしまったら、法廷の場で争うということになってしまいます。

正直、そこまで行ってしまうと泥沼化と言ってもよいでしょう。裁判では、何らかの判決が出ます。しかし、判決が出たからといって、丸く収まるわけではなく、その後も禍根を残すことが多いのです。泥沼化してしまった時点で、家族同士が元の形に戻ることは難しくなってしまいます。

家族同士の絆をきちんとつなぎ合わせてためには、こういった泥沼化するまで争うのではなく、どこかで折り合いをつけて、妥協するしか道がないのです。親の遺産を引き継いだ方も、みんなで協力して生活していかなければならないので、みんなに協力を仰ぐべきです。遺産相談をして遺産の決着をつけることはできますが、失われた家族の絆はそう簡単に決着することはできません。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*