遺産相談によくあるケース

相続のことでトラブルが発生し、これに悩む人は数多くいるでしょう。遺産を譲ることになる人(被相続人)、そして遺産を譲り渡される人(相続人)、それぞれが問題を抱えています。このような問題に悩んでいるのであれば、弁護士や司法書士などの専門家に遺産相談もしくはこれらの専門家が実施している無料相談会などの利用するのが良策です。相続問題において、被相続人となる人あるいは相続人がどのような問題を抱えているのかといいますと、被相続人となる人からは『遺言』の問題。

そして相続人は『遺産の分割によりトラブル』の問題となります。まず被相続人の場合、自分の思うように遺贈を実施したいという悩みが根底にあります。ですから『自分の思い通りの遺贈をしたい』という内容の遺産相談をする人がほとんどです。また、遺言の作成に考えが至るも、遺言を作成した経験が無いということから、その作成方法について遺産相談というケースもあります。

これらの問題は、遺産相談である程度解決可能です。では、相続人からの相談はどのようなものかといいますと、『遺産を分けたいのに相続人の間で揉めている』といった遺産分割に伴うトラブルの相談が主となります。この遺産分割に伴うトラブルの場合は、どちらにも言い分があるため、基本的に当事者同士で話し合って解決するしか方法がありません。いくら遺産分割協議をしても成立しない場合は家庭裁判所での調停をお勧めすることになります。

これ以外の『相続による名義変更手続』など事務手続きに関する問題、悩みについては、遺産相談で解決できるものが多いです。このように相続問題では相談で解決可能なことがあります。もし、相続問題で悩んでいるのであれば、前述したように弁護士や司法書士などの無料相談会に行かれてみてはどうでしょうか。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*