交通事故で裁判基準で交渉するなら弁護士に相談を

交通事故の場合、物質的損害や精神的損害という2つの損害が生まれます。交通事故の被害に遭った結果、身につけていた物が壊れてしまうこともあるでしょう。そして怪我をしたのならば、治療をしなければなりません。そのためには病院へ行く必要がありますが、もちろん無料では無いでしょう。

交通事故の被害は大きな物になりやすいですから、入院や手術をする必要も出て来るかもしれません。このような物は物質的損害に分けられます。一方精神的損害とは、怪我をした事、交通事故に遭遇した事等による精神的な損害となるのです。慰謝料は精神的損害による精神的な苦痛という、形の無い物に支払われる賠償金と考えておけば良いでしょう。

交通事故の慰謝料は入通院慰謝料と、後遺症慰謝料と二つに分ける事が出来ます。後遺症慰謝料では事故によって起こった後遺症等を指す物です。視力を失ってしまった場合等、後遺障害として認められた場合は精神的な苦痛に対して慰謝料が支払われる事になります。しかし慰謝料とは目に見えない物に対して支払うお金です。

同時に精神的苦痛に関しては個人差があって相場はありませんがある程度、算定基準が存在しています。それが自賠責基準や任意保険基準や裁判基準です。裁判基準は弁護士基準と言われる事もあります。慰謝料の金額が一番高くなる可能性があるのは裁判基準です。

保険会社が任意保険基準での賠償額を提示したとしても、弁護士によって裁判基準での交渉を行えば慰謝料が高くなる可能性があります。特に専門の弁護士に相談をすると良いでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*