相続の悩みは無料相談の活用を

人が亡くなると、亡くなった人が所有していた預貯金や土地・家屋などの不動産、それ以外の動産に関する権利関係は家族(配偶者・子供)に引き継がれます。亡くなった人が生前遺言を作成しており、遺産の分割割合を前もって決めているのであれば、その遺言の内容通りの遺贈が行われます。これは遺言が故人の最後の意思表示であり、その内容は尊重されるためです。遺言が作成されていない場合には、相続人同士での話合い(遺産分割協議)によって遺産の分割割合を決定することが殆どです。

しかし、この遺産分割協議は決裂する可能性があります。決裂してしまうと、お互いが感情的になってしまい、再度協議を進行していくことが不可能となり、相続手続きが中断してしまいます。また、亡くなった人が遺言を作成していたものの、その遺言内容が特定の相続人にのみ財産を引き継がせるような内容である場合には、遺留分の問題が発生してしまいます。このような相続に関するトラブル、あるいは悩みが発生してしまった場合には、弁護士や司法書士などの専門家に相談するべきです。

その際、無料相談を利用することをお勧めします。無料相談は各市町村役場が主催しているものや、各弁護士会や司法書士会などが開催しているものなど様々です。このような無料相談会に参加し、専門家に相続に関する悩みを相談することによって、悩まされてきた問題があっさり解決することがあります。無料ではありますが、専門家は真摯に回答してくれます。

ひとつだけではなく様々な無料相談会に参加して、多くの専門家の意見を聞くこともよい方法と言えるでしょう。このように、無料相談を上手に活用してトラブルを解決するべきです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*