生前に遺産相続を弁護士に相談するメリット

遺産相続にかかるトラブルは、相手が肉親であるだけに長期化する傾向が強く、遺産相続分割協議をしてもどうしても納得できな場合には調停で争われる場合もあります。また、一旦解決しても、その後の親交が途絶えるなど、肉親の絆さえも壊しかねません。こういった、状況になることを危惧して、最近では生前に弁護士に相談した上で、遺書を作成し保管しておく人も少なくありません。この場合、担当した弁護士が、相続対象となる財産の評価額を調査したり、実際の相続の手続きまで対応してくれますので安心です。

特に、被相続人が死亡した後に、大きく財産が増えたり、不動産など評価額が変動するものがある場合、遺言に示されている財産の評価額と実際の評価額にかい離が生じます。このかい離分を遺留分と呼び、法定相続人は遺留分減殺請求を行うことができますが、こういった面倒な手続きも担当弁護士がいれば安心です。こういった遺産相続対策は、多額な相続財産を持っている人のものであって、自分には関係ないとしている人も多いと思いますが、実は遺産を巡るトラブルが多いのは、5000万円以下の相続財産を持っている人に増えているのです。そういったことからも、生前に遺産相続対策を行っておくことはとても有益だと言えます。

しかしながら、単に遺言をワープロで作成しておけば良いというものではありませんので、想像する遺産の大小にかかわらず、少なくとも弁護士に相談しておくことは大変大切なことです。広島の相続の弁護士のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*